Shop(タイトル画像をページ別スタイルシートで背景画像として指定)

熱帯魚のコーナーは充実の品揃え、元気に泳ぎ回る色とりどりの熱帯魚たち、お客様の目を楽しませてくれる事に間違いはありません。是非一度ご来店して頂き、熱帯魚たちの美しく可愛らしい姿をあなたの目でお確かめ下さい。

マウスのカーソルをイラストの上に置くと右側に説明が出ます。また、クリックすると仲間を紹介します。

  • ラミノーズ・テトラ

    ●約4cm
    飼い込むと頭部の赤色が濃くなり、大変美しい姿になります。
    (小林道信氏撮影)
      
     

    ¥200 (税別)

  • エンペラー・テトラ

    ●約5cm
    オスは尾ビレがフォーク状に伸びます。
    (小林道信氏撮影)
      
     
     

    \200~(税別)

  • カージナル・テトラ

    ●約3~4cm
    成長すると青いラインの下全体が赤くなります。ネオンテトラに似ていますが、こちらの方がやや大きくなります。
    (小林道信氏撮影)

    \150~300(税別)

  • マーブル・ハチェット

    ●約4cm
    フグを上下に薄くしたような体型が特徴で、水面近くを泳ぎます。水槽からの飛び出す事があるのでご注意ください。
    (小林道信氏撮影)

    \500(税別)

  • グリーン・ネオンテトラ

    ●約3cm
    ネオンテトラから赤色が抜けたような体色をしており、青のラインがよく目立ちます。
    (小林道信氏撮影)

    ¥180 (税別)

  • ネオンテトラ

    ●約3cm
    熱帯魚の中で最もポピュラーな種類の1つ。値段も安く、ビギナー向けの魚です。
    (小林道信氏撮影)

    \50~100(税別)

  • ブラックファントム
    テトラ

    ●約4cm
    成長したオスはより黒味が強くなり、渋さが出てきます。
    (小林道信氏撮影)
       

    \200(税別)

  • レッドファントム
    テトラ

    ●約4cm
    ブラックファントムと同じ属に分類される近縁種ですが、こちらは体色が赤くなります。
    (小林道信氏撮影)

    \200(税別)

  • グローライトテトラ

    ●約3cm
    大変丈夫で飼い易いテトラです。水草水槽にもよくマッチします。

     

    ¥80 (税別)

  • グリーンファイヤー
    テトラ

    ●約4cm
    丈夫で温和なテトラ。飼い込むことにより、その名前にふさわしい色になります。
     

    \160(税別)

  • コンゴーテトラ

    ●約10cm
    アフリカ産の代表的なカラシン。成長した時のメタリックな輝きと、オスの長く伸びたヒレ先が見事です。

    \160~500(税別)

  • ブラックネオン

    ●約3cm
    ネオンテトラ・グローライトに並んでポピュラーで丈夫なカラシンです。
     
     

    \100(税別)

  • ラスボラ
    ヘテロモルファ

    ●約3.5cm
    体の黒い部分が三味線のバチに似ており、この特徴から昔はバチウオと呼ばれていました。
    (小林道信氏撮影)

    ¥160 (税別)

  • ラスボラ・エスペイ

    ●約3.5cm
    ヘテロモルファに似ますが、こちらの方が体高が低く、黒のバチ模様が小さいです。色も赤味が強く出ます。

    \160(税別)

  • ゴールデン・バルブ

    ●約5cm
    明るい黄色に黒斑が入るのが特徴。少数でも目立つ存在になれる魚です。
    (小林道信氏撮影) 
     

    \120(税別)

  • チェリー・バルブ

    ●約4cm
    安価に流通していますが、成長したオスは全身が鮮紅色になりあなどれない美しさを持ちます。
    (小林道信氏撮影) 

    \120(税別)

  • クラウンローチ

    ●約10cm以上
    本来は20cm以上になる大型種ですが、水槽内でそこまで大型化することは少ないです。稀に入荷する大型個体は非常に高価です。
    (小林道信氏撮影)

    ¥700~ (税別)

  • クーリーローチ

    ●約9cm
    黄と茶の縞模様がキレイなローチ。水槽の狭い隙間に入り込むことが多く、なかなか姿を見せないのが難点です。
     
      

    \210(税別)

  • サイアミーズ
    フライングフォックス

    ●約10cm
    コケ掃除の魚として名が知られています。他の小型魚との混泳も問題ありません。
     
     
      

    \160(税別)

  • ゼブラ・ダニオ
    (ロングフィン)

    ●約4cm
    非常に丈夫で活発な小型魚。最近ではロングフィンタイプが主流になっています。
    (小林道信氏撮影) 
     
      

    \120(税別)

  • スマトラ

    ●約6cm
    古くから知られる人気種。丈夫だが少々気が荒いのが難点です。
    (小林道信氏撮影)

    ¥160 (税別)


  • ●cm
    説明文準備中

     
     

    ¥~ (税別)

  • モーリー各種

    ●8cm
    ラン藻類を食べてくれることで有名な卵胎生メダカです。
    (小林道信氏撮影)

     
     

    ¥170~ (税別)

  • ソードテール各種

    ●8cm
    オスの尾ビレ下端が長く伸びることからソードテールという名前が付いています。メスからオスへの性転換が起こることで有名です。
    (小林道信氏撮影)

    \170~(税別)

  • プラティ各種

    ●6cm
    グッピーに次ぐ卵胎生メダカの人気種。カラーバリエーションが豊富で、特に尾の付け根がミッキー柄になるタイプは高い人気があります。
      

    \210~(税別)

  • アフリカン
    ランプアイ

    ●3cm
    青く輝く大きな目が特徴のアフリカ産熱帯魚。繁殖も容易です。
    (小林道信氏撮影)

    ¥120 (税別)

  • クラウンキリー


    ●4cm
    小型で美しい卵生メダカ。尾ビレ中央先端が長く伸びます。
      

    \400(税別)

  • 改良エンゼル各種

    ●約12cm
    スカラレ種を元に、ゴールデン,マーブル,ブラックなど多くの品種が作られ流通しています。
    (小林道信氏撮影)

    ¥368~ (税別)

  • ロイヤルプレコ

    ●20cm以上
    大きな頭部と白地に黒にストライプが美しいプレコです。

     

    ¥1,980~ (税別)

  • ブロンズプレコ

    ●8cm
    口幅が広く、吻が丸みを帯びる小型種です。スポットやバンドタイプのバリエーションが存在します。

    \1,200(税別)

  • タイガー・プレコ

    ●7cm
    古くから知られている小型のプレコ。価格もリーズナブルで丈夫です。
    (小林道信氏撮影) 
     

    \1,450(税別)

  • セイルフィン
    プレコ

    ●30cm以上
    水槽のコケ取りとして最もポピュラーなプレコ。大型化するので小さい水槽には不向きです。
    (小林道信氏撮影) 

    \504~(税別)

  • インペリアル
    ゼブラプレコ

    ●10cm
    白と黒のラインのコントラストが非常に美しい小型プレコ。人気の高さから乱獲が進み、現在では禁制魚となっています。
    (小林道信氏撮影)

    ¥20,000~ (税別)

  • ブッシープレコ

    ●約9cm
    成長したオスは吻にヒゲが密生します。アダルトサイズならオスメスの判別は容易なので、繁殖も狙えます。
     

    \800~(税別)

  • オトシンクルス

    ●5cm
    「コケ取り」として定番中の定番。年間を通してコンスタントに入荷します。
     
     

    \294(税別)

  • レッドテールキャット

    ●1m以上
    丸みを帯びた体型と、人に馴れやすいことから人気があります。水槽内でも50cmを超える大きさになるので、それなりの設備が必要です。

    \1,000~(税別)

  • タイガーシャベルノーズ
    キャット

    ●1m以上
    スマートな流線型をした大型ナマズ。突進力が強く、吻を折ってしまうことがあるので広いスペースが必要です。

    ¥1,000~ (税別)

  • 赤コリドラス

    ●6cm
    南米全土に分布するコリドラス。現在、東南アジアで大量にブリードされています。
    (小林道信氏撮影)

    ¥252 (税別)

  • 白コリドラス

    ●6cm
    赤コリドラスのアルビノ版。繁殖の難易度も低く、丈夫で飼育しやすい種類です。
      

    \252(税別)

  • コリドラス
    パレアトゥス

    ●約5cm
    「青コリ」「花コリ」とも呼ばれ、赤コリドラスや白コリドラスと並んで安価で丈夫です。
      

    \252(税別)

  • コリドラス
    ステルバイ

    ●約6cm
    こげ茶の地肌に白いスポットが入る、美しいコリドラスです。
    (小林道信氏撮影)

    \804(税別)

  • コリドラス・パンダ

    ●約5cm
    名前通りのパンダ模様から人気が高いコリドラス。水質にうるさく、長期飼育は意外に高難易度です。
    (小林道信氏撮影)

    ¥580 (税別)

  • ランチュウ

    ●10~15cm
    全国に愛好会が多数あるほど人気の高い金魚です。背ビレが無く、短い尾ビレで必至に泳ぐ姿は愛らしさがあります。



    ¥800~(税別)

  • オランダシシガシラ

    ●10~15cm
    琉金から改良されたといわれる金魚。江戸時代は海外品全般をオランダ物と呼んでいた為、「オランダ原産」というわけではありません。


    \370~(税別)

  • 出目金

    ●10~15cm
    琉金の突然変異。体から飛び出た大きな目が特徴ですが、視力は弱いと言われています。琉金の突然変異。体から飛び出た大きな目が特徴ですが、視力は弱いと言われています。

    \370~(税別)

  • 丹頂

    ●約6cm
    体型はオランダシシガシラと同じで、鶴のように頭部だけが赤くなります。




    \370~(税別)

  • 琉金

    ●10~15cm
    和金の変異から固定されたと考えられています。「琉」の字は琉球を指し、鎖国時代に中国から琉球を経由して日本に入ってきました。

    ¥370~(税別)

  • ピンポンパール

    ●10~15cm
    パールスケールから改良された金魚。丸みを帯びた体型のせいで転覆しやすいなど、飼育は意外に難しいです。

    ¥840(税別)

  • 東錦

    ●10~15cm
    英名はキャリコオランダ。三色出目金とオランダシシガシラの交配種です。


    ¥370~(税別)

  • シルバーアロワナ

    ●1m
    最もポピュラーなアロワナ。成長が早く、大型になります。


    ¥1,980~(税別)

  • ブラックアロワナ

    ●80cm
    シルバーアロワナに似ますが、幼魚のうちは黒い体色をしていることからこの名前がついています。

    \9,800~(税別)

  • ノーザンバラムンディ

    ●40cm
    オーストラリアに生息するアロワナ。シルバー,ブラックに比べると気の荒い性質をしています。

    \4,800~(税別)

  • ポリプテルス各種

    ●20~60cm
    太古の昔よりほとんど姿が変わっていない古代魚の仲間。成魚はシリビレの形状で雌雄の判別が可能です。

    \800~(税別)

  • ガーパイク

    ●60cm以上
    北米~中南米に各種が分布する古代魚の仲間。体は硬く大型化するので、飼育するにはそれなりのサイズの水槽が必要です。

    ¥980~(税別)

  • エレファントノーズ・フィッシュ

    ●25cm
    下アゴが象の鼻のように見えることからこの名前がついています。この顎は電気が流れる感覚器官の役割を持っています。

    ¥2,000~(税別)

  • ニードル・ガー

    ●25cm
    東南アジア産が有名ですが、南米にも非常によく似た種類が分布しています。

    \800(税別)

  • オスカー

    ●25cm
    南米各地に分布する大型シクリッド。気が荒い魚ですが、人に慣れやすいです。

    \800~(税別)

  • ゴールデン
    ハニードワーフグーラミィ

    ●約5cm
    小型で他のグーラミィより性質も温和です。ミズミミズや厄介なスネール類を好んで食べてくれます。

    ¥300(税別)

  • ポポンデッタ
    フルカタ

    ●約5cm
    独特の形をした胸ヒレを持つ小型のレインボーの仲間です。各ヒレの黄色い縁取りが美しい種類です。

    \300(税別)

  • アベニー・パッファー

    ●約4cm
    完全淡水性の小型フグ。丈夫で飼育しやすいですが、他の魚のヒレをかじることがあるので混泳には向きません。

    \380(税別)

  • ゴールデン
    デルモゲニー

    ●約5cm
    体の光沢は発光バクテリアによるものと言われています。つまようじのように細い体型をしていますが胎生魚です。

    \210(税別)

  • ドジョウ

    ●15cm
    金魚・メダカ水槽の掃除屋として重宝します。全国にいろいろな種類が分布しています。

    ¥95(税別)

  • タナゴ類

    ●5~10cm
    二枚貝の中に産卵することで有名な魚で、産卵期のオスは鮮やかな婚姻色に染まります。

    \170~(税別)

  • オイカワ

    ●12~15cm
    関東以西に分布する中型の魚で、オスは体色が濃くなりシリビレも大きくなります。

    \250~(税別)

  • 日本ナマズ

    ●60cm
    日本全国で見られる大型種。肉食性が強いですが、人工フードにも慣れます。

    \800~(税別)

  • レッドビーシュリンプ

    ●2cm
    東南アジアに分布するビーシュリンプの改良種で、バリエーションが多く値段もさまざまです。

    ¥480~(税別)

  • ヤマトヌマエビ

    ●5~10cm
    コケ取り役として有名ですが、幼生が海に出て育つ降海型のエビなので水槽内での繁殖は難しいです。

    \180(税別)